規約検証)TTCMの信頼度

規約検証)TTCMの信頼度)

最近、フォロワーさんの中でTTCMが気になると言っている方が多く、私も8月にやっていた令和ボーナスに合わせてTTCMを使うつもりだったので、急いで調べてみました。


TTCMは基本的にボーナスがない業者で、期間限定でたまに令和ボーナスのようなボーナスをやっています。
この記事は8月末に書いたもので、令和ボーナスはもう終わっていますが、次に開催されるときも同様の仕組みのボーナスだと思いますので令和ボーナスについて書いている部分もそのまま残しています。

現状一番よさそうに見える業者はTradeviewなのですが、ここにはレバレッジが低いという欠点があり、複数EAを動かすとヒヤヒヤするため、高レバレッジの業者を探していました。

グローバルな業者の判別方法」で書いたとおり、TTCMはあまり企業規模の大きい業者ではないようです。なので、倒産のリスクが若干心配なこともありこれまで使っていなかったのですが、評判もよいようですし、せっかくボーナスがあるので調べてみました。

ライセンスなど企業としての信頼性と、規約についての考察がメインです。



目次:
海外業者の信頼性は分からない?
TTCMはどんな会社?
規約で気になる内容は?
欧州向け法人と日本向け法人の違い
期間限定ボーナスは条件が厳しい

海外業者の信頼性は分からない?

「海外業者の本当のところなんて分かりようがない」と思っている方が多いようですが、そんなことはないと思います。

確かに、資金を奪って夜逃げするつもりで最初からウソをつかれていたら分からないかもしれませんが、海外業者といっても一応は外国企業の法人ですから、HPに虚偽の記載をするような、訴えられるようなことをすることは基本的にないはずです。

例えばXMの場合、「規約検証)XMは結構ブラック!」で書いたのですが、99%ブラック寄りのグレーな方法をつかってきますが、一応訴えられることを警戒してHPに堂々と虚偽記載はしていないようです。XMのグレーな方法というのは下のようなものです。

XMは実際にはSTP方式ではないのですが、STP方式を自称しています。
サポート部門に個別に問い合わせると、「STPです」と断言しますし、大量のアフィリエイターがXMはSTPだと宣伝しています。

ただ、HPにはSTPだという記載は一切ありません。
そして規約をよく見ると、マーケットメイカー方式というもので運営されていて、呑み行為ができると明記されています。

完全に矛盾しているのですが、この矛盾についてコンプライアンス部門と英語で話したところ、
「STPに似ている方式のことをSTPだと言っているだけ。XMがSTPだと宣伝したことはない」←意味不明
「利用規約には呑み行為ができるってちゃんと書いてあるから、読んでない方が悪い
「アフィリエイターがXMについて(STPに似ている方式ではなく)STPだと宣伝しているのはアフィリエイターの責任だから知らない

というような回答が来ました。ちなみに、この回答を引き出すまでに、「答えなければ訴訟する」と3回脅して2か月ほどかかりました。

XMがブラックなのはとりあえず置いておいて、このやりとりから逆の考察もできると思います。
ここまでブラックな会社でも、さすがにHPに堂々と虚偽の記載(STP方式)をすることはできないようだ、ということです。

ですので、虚偽記載は基本的にないということを前提に、TTCMのHPを見ていきます。

TTCMはどんな会社?

海外FX業者というのは、運営会社の情報をほとんど出していない会社が多いです。

そのため企業情報は入手しにくいのですが、運営会社の情報が手に入れば「詐欺会社じゃないか心配」という不安は若干緩和されると思いますので、調べてみることに意味はあると思っています。

具体的な調べ方が知りたい方は「FXsuitはIronFXという疑惑」という記事でも紹介しています。

TTCMの企業情報に関して大事な点は、日本向け顧客に対しては「無ライセンス」で運営しているということです。

この点に関し、TTCMの公式サイトでは明確にウソをついているわけではないのですが、アフィリエイターが「TTCMはバミューダのライセンスを所持している」と誤解したまま宣伝するのを容認しているようなので少し印象が悪いです。

以下、TTCMのライセンスについての表記です。サイトの下の方に書かれています。






f:id:sakura1grade:20190822150840p:plain
TTCM
法人登記番号No.54135としてバミューダ共和国にて登記

法人登記ですから、金融ライセンスは持っていません。

専業トレーダーの方は法人を設立したりする方もいると思いますが、法人設立というのは金融ライセンスの何倍も簡単ですよね? バミューダでは、その法人設立をしただけであって、ライセンスは持っていません。

下の方にキプロスのライセンスについて書いていますが、欧州の顧客向けにはキプロスのライセンスを取って運営しているようです。ということは、その気になればどこか規制が緩い国のライセンスは取得できるのだろうと思いますが、なぜか日本向けは無ライセンスのようですね。

また、TTCMについて、海外FXオンラインというサイトが本当は詐欺会社?「クローンサイト」とはという見出しで、イギリスの金融当局の情報を掲載して「実際のところはどうかわかりませんが、現時点でTradersTrustはイギリスで警戒されるブローカーのようです。」などと書いているので、心配になった方もいると思うのですが、
この情報は管理人が誤解してるだけだと思いますので、気にする必要はないです。

一応、解説すると、イギリスの金融当局のHPを見ましたが、「TTCMを模倣している企業がある」ので注意してくださいというだけの話で、日本で活動しているTTCMは、この金融当局のHPで本物とされている企業のHPアドレスなので心配しなくて大丈夫です。

キプロスのライセンスを取得しているとイギリスでも活動できるようですね。

この海外FXオンラインのサイトには、
「先ほどの画像には、一番目につく左上にイギリスFCAへのリンクが示されていました。しかし、イギリスはEUを脱退済み。FCAのサイトでTradersTrustを検索すると、次のように出てきます。」とも書かれていますが、イギリスはまだEUを脱退してません(笑)内容がひどすぎますね。

私は、翻訳者をしていて英語が読めるのでこういうサイトを作っていますが、アフィリエイターの中には正確な情報を集められないのに儲け優先で適当に記事を書いている人も多いです。

というのも、「海外業者アフィ報酬の闇を暴露」に詳細を書いたのですが、海外ブローカーのアフィリエイトは、顧客が1ロット取引するごとに最大1000円もらえるすごく儲かる商売なので、ウソをついてでもアフィリエイトをしようとする人が出てきている状況です。

話は戻りますが、結論としては、TTCMの欧州向け法人はイギリスなどでも活動できるライセンスを持っているが、日本向け法人は無ライセンスということです。

資産についての保証もありません。

正直なところ、ライセンスも保有していて、1顧客最大35,000ドルの資金補償があるTradeviewの方がおすすめ度は高いのですが、Tradeviewの最大レバレッジ200%が不便に感じる人もいると思いますので、そこは妥協するかどうかという話だと思います。

ちなみに、海外企業はボーナスありでスプレッドが広い企業(XMなど)と、ボーナスなしでスプレッドが低い企業(Tradeview、Titan、TTCMなど)があり、TTCMは基本的にはボーナスなしでスプレッドが低い企業なので、この令和ボーナスにもかなり縛りがあります。後で書きますので注意してください。

また、「FXsuitはIronFXという疑惑」で書いた通り、ブローカーの情報を調べる際に経営者情報を確認する方法もあります。

経営者情報は
①キプロスの金融ライセンスからキプロス法人の法人登記番号を調べる
②法人登記番号から取締役の情報を調べる
③取締役の経歴をLinkedInなどで探す
という方法を取れば分かります。

1人を除く全員キプロス人の名前で、アルファベットではないので読めなかったのですが、1人だけアルファベットの取締役について調べたところ、
前職はサクソバンクのスイス支社のCFOだそうです。

キプロス人の部分が分からないのでなんとも言えませんが、怪しい経営者がやっているということはなさそうな気がします。



規約で気になる内容は?

私が海外ブローカーを調べるときは、
☆運営企業がまともそうか
☆規約に不審な点がないか

の2点をまず調べます。
怪しい業者は、この2点を調べると結構ボロボロ不審なところが見つかります。

海外業者は大体英語の規約で、機械翻訳のためにコピペすらことすらできないようにしているところもあるので、不都合な事実を日本人に知られないようにしているのかと勘ぐってしまいます。

めんどうですが一度機械翻訳にかけてみることをおすすめします。最近は機械翻訳が発達しているので、大体分かります。コピペできない業者も、PDFファイルをダウンロードしてGoogle翻訳のドキュメント(ファイルごと機械翻訳する機能)を使えば機械翻訳できます。

TTCMの場合、規約は「法的文書一覧」というところで見られて、
参考までに機械翻訳にかけると、Google翻訳は優秀なのでここまで正確に出力されます。
禁止事項についての項目です。
不正な取引戦略:インターネット、接続の遅延、エラーにより、価格がオンライン取引施設に表示されるものは、市場レートを正確に反映していません。私たちは許可しませんオンライントレーディングファシリティでのゲームの故意の練習および/または不正なトレーディングの使用。取引価格遅延の機会に依存しているものは、予告なしに取り消される場合があります。私たちは事前の通知なしに、関連するアカウントで必要な修正または調整。依存するアカウントゲームおよび/または虐待的な戦略は、当社の単独の裁量で、当社による介入および当社の承認の対象となる場合があります任意の注文の。このような引用または実行エラーに起因する紛争は、当社の経営陣により解決されます。その唯一かつ絶対的な裁量。
接続の遅延などを利用して儲けるのはダメという、よくある規定ですね。

150ページ以上あるので私も全部は読み込んでないのですが、著作権などについての項目は基本的に飛ばしても大丈夫で、
「注文執行方式」「禁止事項」「利益の取消」について書かれている部分を読んでおくといいと思います。

☆注文執行方式

別の記事で書いた通り、XMとTitanの規約を読むと、
XM → STPではなく、呑み行為ができる方式だと判明
Titan → 規約に書かれている注文執行方式はECNではなくSTPだと判明
という状態だったのでTTCMについても何かウソを見つけてしまうのかもと思いましたが、
TTCMではきちんとサイトに書かれていた通りに運用されているようです。

P62に書いてあるので、翻訳しておきます。
「当社は、注文を執行のために直接、STPベースで、またはECN経由でリクイデティプロバイダに送ります(we will transmit your Orders for execution directly to our liquidity providers on a Straight Through processing (STP) basis or via our Electronic Communication Network (ECN))」

規約上はホワイトですが、STP・ECN形式にしていてもこっそり呑む方法はあるようですので、ECNだから安心と思うのではなく、ストップ狩りのような動きがないかいつも注意して見てみることが大事だと思います。

☆禁止事項

禁止事項は基本的にP81の「悪用的な取引戦略および禁止された取引技術(Abusive Trading Strategies & Prohibited Trading Techniques)」というところに書かれています。

一般人に関係があるのは、接続の遅延やエラーを利用した取引は取消対象というところです。
後は、取引プラットフォーム自体に介入するようなリバースエンジニアリングがダメということも書いてありますが、これは技術的な話なので一般の方には関係ありません。

☆利益の取消

海外業者というと、利益の取消が心配という方も結構いると思うのですが、
最初から詐欺目的で設立された企業の場合を除いて、どこも普通の国の法人ですから、海外業者だからといって根拠もなくバンバン利益を取り消せるわけではないです。

ただ、利益の取消をしてくる業者は実際あると思います。
XMなどはそうですが、利益の取消がすごくやりやすい規約になっています。

でもそれは規約の問題なので、
「海外に拠点があって訴えられないからやりたい放題で利益を取り消してくる」という認識ではなくて、「利益を取り消しやすい規約を作っている業者は利益を取り消してくる」という認識にした方が正しいと思います。

そういう観点でTTCMの規約を見てみると、
TTCMの場合、利益の出た取引を取り消す際に使われる用語は「revoke」というものなので、それをPDFで検索してみると

取引が取消される場合は
・誤った価格が表示されていた場合
・接続の遅延やエラーを利用した場合
のようです。

欧州向け法人と日本向け法人の違い

上に書いた通り、日本向け法人は金融ライセンスを持っておらず、バミューダの法人登記をライセンスであるかのように見せているのは少しずるいです。

ただ、例えばXMは欧州向け法人の規約に書かれていたゼロカットの規定を日本向け法人の規約では削除する(「規約検証)XMは結構ブラック!」)というひどい対応をしていますが(ゼロカットでの運用はされていますが、規約にしっかり書かれていない状態です)、
TTCMの規約は、きちんとライセンスを取っている欧州向け法人とほぼ同じです。
ほぼ同じというのは、変更点が表示されるPDF比較ツールを使って目次のみですが比較して判断しました。
ゼロカットの規定についても一文字も変更なく書かれています。

その点は無ライセンスといっても少し安心な材料です。

正直なところ、レバが200倍でいい人は、資産に対する補償もありスプレッドも狭いTradeviewを使うことがおすすめですが、TTCMはTitanと比べる価値はあるブローカーだと思います。



期間限定ボーナスは条件が厳しい

海外業者には、ボーナスがもらえる代わりにスプレッドが広い業者と、ボーナスがもらえない代わりにスプレッドが狭い業者があり、TTCMはスプレッドが狭いので基本的にボーナスがない業者なのですが、8月末まで限定で令和ボーナスというのをやっています。

本来非ボーナス業者なので、XMみたいな大盤振る舞いではなく条件はかなり厳しいのでご注意ください。

具体的に言うと、ボーナスをもらってから一定期間内に規定の取引量を取引しないとボーナスは消えます。「入金額÷300円=取引ロット」の計算で出した取引ロットです。
それと、原資が全額溶けても消えます。原資が全額溶けても消えるということはとても分かりにくい書き方をされているのですが、消えます。
✰ クレジットボーナスは、1ロット(往復取引)を300円として換算する事が出来ます。 ✰ 付与されたクレジットボーナス金額をご出金可能な残高に付け替える為には、クレジットボーナス付与から90日以内に、
付与されたクレジットボーナス金額出金可能取引量を完了する必要があります。
なので、取引量をクリアできるよう、あまり入金額を多くせず、さらに原資が溶けないように気を付けなければいけないということですね。

ボーナスといっても、XMなどのボーナスと違って、
・取引手数料が実質下がる
・強制ロスカットまでの猶予が長くなる
という効果があるだけなのですが、取引手数料が安くなるのはかなり魅力だと思います。

口座を開設する際には、スプレッド(または手数料)を30~50%安くする方法がありますので、これを使うのがおすすめです。ブローカーによっては国内に近い水準まで手数料を圧縮できます。
キャッシュバックサイト(タリタリ)についてまだ知らない方は「キャッシュバックサイトで取引手数料を節約する方法」の記事を読んでみてください。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

























コメントを投稿

0 コメント