TTCM口座の成績公開

TTCM口座の成績公開)

原資41万円ですが、今の私のメイン口座の成績を公開しようと思います。

使っているEA名を現状公開していないため、口座残高の増え方が分かるだけでなのであまり意味はないのですが、ツイッターで「本当は負けてるんじゃないの?」などと言われるので一応収支だけ公開しました。

ブレクジットがらみで大きなDDを出してしまい、やっと回復したところなので今の収支は4万円プラスなだけです。

TTCMがたまにやっている、規定のロット数を取引すると現金がもらえるボーナスに参加しているのと(10万円)、キャッシュバック分(6万円)があるので、あと1か月間収支がトントンを維持できればトータル16万円口座残高が増える予定なので、金額はトントンですが順調に進んでいるという気持ちです。

キャッシュバックは、外部サイトを経由して海外ブローカーの高い取引コスト(スプレッドまたは手数料)を30~50%安くする方法です。ブローカーによっては国内に近い水準まで手数料を圧縮できます。キャッシュバックサイト(タリタリ)についてまだ知らない方は「キャッシュバックサイトで取引手数料を節約する方法」の記事を読んでみてください。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)


さて、私の口座ですが、私は裁量の時期が長く、EAは始めて2か月くらいなのでかなり失敗続きです。myfxbookのアカウントの公開設定ができなかったので、後で時間があるときにアカウント自体も公開する予定です。



ちょうど2か月前(8月30日)に30万円で初めて、かなりの損失を出して焦り、証拠金余力を増やすためにbitwalletに残っていた11万円を急いで入金したため原資が41万になりました。その後DDも回復してトータルでは+4万円になっています。

履歴を確認して振り返ってみました。



(青矢印)
10月2日に収益が30%を超えましたが、その翌日に0%まで戻りました。ポンドル、ポン円で死亡でした。

原資30万円の10%なので2日の時点では10万円プラスでしたが、一晩で利益を飛ばしていました。

(緑矢印)
青矢印の段階では、利益が飛んだだけで原資は残っていたのであまりショックを受けていなかったのですが、10月15日にはまたポンド系が原因で-20%まで下がりました。この日は他のポンドEAもたくさん損失を出したようで、ツイッターではポンド系EAを止めようという流れになっていた気がします。

ただ、運悪く持っていたのがポンド系のEAが多かったため、欲張って全部停止しなかったためその後もちょくちょく損失を出していました。

黄色い☆を3つ書き込んだのですが、最初の2つの☆の段階で、ロットを1.5倍と2倍に引き上げたのですが、欲張りすぎだったかもしれません。当初のロットでずっと運用していたら、DDは10%くらいに収まっていたと思います。

3つ目の最後の☆の部分で、それまで全てのEAを固定ロットで回していたのをEAごとにロット数を設定しました。EA初心者だったためこの段階でやっと気づいたのですが、スキャルEAとスイングEAは損失金額が全然違うので、固定ロットで回すと全体の成績がスイングEA次第になってしまいます。

たくさんのEAを回して1つ損失が出ても補える状態にならないので、スキャルEAのロットを上げ、スイングEAのロットを落としました。そのため今は少し安定して動いてくれています。

ロット調整のときは少しメンタル的なことも考慮して決めました。販売者のフォワードの成績もよく、実際勝っているものの、毎回すごく危うく見えるポジションを取るMQL5のEAは、気になって手動決済してしまうことが多く、フォワードの成績と離れて行ってしまっていました。

完全放置と割り切れればいいのですが、スマホのMT4をチラチラ見て気にしてしまうため、そういう種類のものは、他のEAとのリスク分散の観点からは適正なロットよりも少なくして、「何があっても完全放置、絶対に手動介入しない」というスタンスにしました。

また、結構たくさんEAを使っているので、全通貨ペアで一斉にポジられたら証拠金余力が心配になるのですが、ポジション保有時間が短いスキャルEAは証拠金かぶりの可能性が減るので、少しだけロットを上げています。

こんな感じで運用しているのですが、myfxbookの公開ができるようになったらブログのウィジェットとして貼り付けます。



コメントを投稿

0 コメント