米10年債データのスクレイピングのコード

開発者さん向けの雑な情報公開第二弾です。

第一弾の記事は「マイナーなヒストリカルデータ・MT4英語テキスト」でした。

第二弾は、MQL5で公開されていた、「米10年債利回りのデータをスクレイピングするコード」の記事の紹介です。

「10-Year(10年)」「bond(債券)」「scraping(スクレイピング)」で検索して見つかった記事です。翻訳は微妙ですが、メタクオーツが日本語の記事も作成してくれています。

これを使って何か作れそう!と思った人は読んでみてください。

記事はこちらです。

スクレイピングは、外部データの取り込むわけなので、EAの挙動が不安定になるという心配もありますし、まだあまりEAに使われていない技術だと思います。

ただ、裁量トレードの方は10年債の数値を参考にしていますし、なんとか活用できないかとこの記事に注目している海外のEA開発者は結構いるのではないかと思います。この記事の閲覧数も16,000なので多い方だと思います。


記事の著者のSteven Brownさんが作っている製品が気になってみたので調べてみたところ(こちらのページ)、EAはありませんでした(笑)

Delta EMAというインジを販売していて、「あるバーから次のバーへのクローズ価格の変化に基づくモメンタムインジケーター」と書いてありますがいいものなんでしょうかね、、、? ちなみにモメンタムというのは勢いのことです。

デモで少し見てみましたが、あまりバチバチに当てられているようには見えませんでしたが、何か良い使い方があるのかもしれません。気になる人がいたらチェックしてみて、よかったらこっそり教えてください。

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

コメントを投稿

0 コメント