ロビンスカップ(本家)の登録方法

ロビンスカップ(本家)の登録方法)

トレードコンテストとして有名なロビンスカップが1月から始まったので、登録方法を紹介します。ロビンスカップは、日本でのみ開催されるものもあるそうですが、これは全世界が対象の本家ロビンスカップなので、登録も英語で行います。

ちなみに、ロビンスカップというのは通称なので、正式名称は「World Cup Trading Championships」です。

登録方法

① ロビンスカップ公式サイトのコンテスト情報ページはこちらです。ロビンスカップに参加するには、指定ブローカーの口座を持っていなくてはいけなくて、日本の場合は選択できるのが「ATC Brokers」という業者になります。

コンテスト情報ページからATC Brokersの口座開設ページに飛ぶには、ページの下の方に表示される、赤枠で囲った二か所をクリックします。

上の方が「All Non-US Residents(全ての米国非居住者)」、下の方が「MetaTrader Platform(メタトレーダープラットフォーム)」です。





② 口座開設ページに入力する情報は、上から「国」、「口座タイプ」、「口座の通貨」、「使用プラットフォーム」、「初回に預け入れる証拠金」です。
口座タイプは、普通の人は「Individual Account(個人口座)」になります。

「初回に預け入れる証拠金」を事前申告しなければいけない仕様なのがナゾですが、最低入金額は5000ドルなのでそれ以上の金額を入力してください。5000ドル以下の金額を入力すると、「5000ドル以上です」という警告が表示されます。



③ 上の情報を入力したら、詳細ページに移ります。


普通の海外FX業者と比べて、入力事項が多いです。最初のページは氏名などの基本的な情報が多いので、分かりにくそうな項目のみ日本語で解説を付けます。

(1ページ目、住所などの情報)
Time in current address (Years):現住所に住んでいる年数
Time in current address (Months):現住所に住んでいる月数
Previous Residential address:前の住所

※電話番号については、固定電話が必須で、携帯番号は空白でも提出できます。固定電話を持っていない方は、固定電話のところに携帯電話を書いても、一応申請は提出できます。後から何か言われることはないとは思いますが、心配であれば後でATC brokersに連絡を入れておけばいいと思います。

④ 個人情報入力の2ページ目は学歴などの情報です。


4段に分かれているので、各段左から順に項目を解説します。
一段目
1)学歴の選択
高卒以下の場合はSixth Form(High School)を選択し、大卒の場合はUniversityを選択してください。

2)学位の入力
高卒以下の場合は記入不要です。大卒を選んだ場合のみ学位を記入してください。学部卒の場合、単に「bachelor」と書けばOKだと思います。

3)資格の入力
「Professional or Other Qualification」と書かれているところです。必須入力項目ですので、何も書くことがない人は「none(なし)」と記入してください。

二段目
1)投資関連の資格、トレーニングを受けた経験
ある人は書いてください。こちらも必須入力項目ですので、何も書くことがない人は「none(なし)」と記入してください。

三段目
1)雇用状況を以下の5つの中から選んでください。 
Employed 会社員
Self-Employed 自営
Retired 退職後
Unemployed 無職
Student 学生

2)事業の性質
たくさんあるのでGoogle翻訳などで訳してみて選択してください。「Retired 退職後」を選んだ人など、選択する必要がない人はグレーで表示されますので飛ばして大丈夫です。

3)役職
ある人は書いてください。こちらも必須入力項目ですので、何も書くことがない人は「none(なし)」と記入してください。

4)収入源
雇用状況の中から、「Retired 退職後」「Unemployed 無職」「Student 学生」の3つを選んだ人のみに表示される選択肢です、FXにつかう収入源が何なのか選択してください。無難に、「Savings(貯蓄)」でいいと思いますが、貯蓄以外の選択肢を選びたい人はGoogle翻訳にかけてみてください。

四段目
1)雇用主の名称
「self-employed 自営」を選択しても入力必須になるのがナゾですが、私はフリーランスなので自分の名前で書きました。まだ口座開設の結果が来てないので分からないですが、多分大丈夫だと思います。

2)雇用主の住所



⑤ トレード経験の入力
 各質問について、赤枠で囲った部分の3項目を選択してください。左から、取引経験年数、トレードの頻度、平均取引サイズです。

質問の回答次第で口座開設を断られる場合がありますので正確に入力してください。

質問の内容については、上から
証券、オプション、先物・商品、通貨、CFDの5つです。


その下に、イエス・ノーで答える質問が3つあります。

1)過去12か月間、四半期ごとに平均10回、関連市場で取引を実行したか?
2)少なくとも1年以上、専門ポジションで金融サービス部門で働いた経験があるか? ある場合は内容も記入してください。
3)過去にATC brokersのデモ口座を使用したことがあるか? ある場合はその登録アドレスかデモ口座番号を記入してください。

その下に、金銭的情報を記入する欄があります。
選択項目の内容は、
左から「年収」「純資産」「流動性資産」の金額を記入してください。

イエス・ノー形式で選択する質問5つは、
1)過去10年間に破産したか?
2)過去にATC Brokersで口座を保有していたか? していた場合は口座番号を記入してください。
3)親戚の中にATC Brokersに関係者はいるか?
4)500,000ユーロ以上の個人資産ポートフォリオを保有しているか?
5)本人以外が口座でトレードを行うか?

最後の項目は、「ロビンスカップによる紹介で口座を開く」という項目になりますので、「Robbins Futures Inc」という表示が入っているか確認してください。入力は不要です。





⑥ 手数料の確認
手数料に関するお知らせがありますので、Google翻訳などで読んでみて、OKなら同意する旨にチェックを入れて先に進んでください。

⑦ セキュリティの設定
このパートでは、上から順に4つの入力を行います。
1)セキュリティコード(好きな数字4桁)の設定
2)MT4、会員ページへのログインパスワードの設定(大文字1文字、小文字1文字、数字1文字を含む8文字)
3)書類のアップロード。何の書類が必要なのかいまいち分かりませんが、写真付き身分証明書、住所証明書などと書かれていましたが、こちらは会員ページでもアップロードできると思いますので、私は飛ばしました(飛ばしても先に進めます)

ちなみに、登録情報を全て送信した後に、必要な書類についての情報が出てきましたので、この段階で下の2点の書類をアップロードしてもOKなのかもしれません。

☆有効な政府発行の写真付き身分証明書(運転免許証、パスポートなど)A valid government issued photo ID (e.g. driver's license, passport, National ID Card). 

☆住所証明書(3カ月以内発行のもの)Proof of residential address represented on the account application dated within 3 months (i.e. utility bill, bank statement. Note: The documents must include your full name and current residential address; the issuer and date must be visible. P.O. Boxes are NOT acceptable). 

必要書類に関して、「追加の情報が必要な場合は別途連絡する」と書かれていましたが、登録手続き中の人のツイートを見ると、住所証明書は英訳が必要なのかもしれません。

英訳が必要な場合は、サポートから連絡があると思いますので、その後対応でいいと思います。

4)規約への同意など。Google翻訳で読んでみて、OKならチェックを入れて先へ進んでください。

一番下の「Review」ボタンを押すと、自分で設定したセキュリティコードとログインパスワードが画面に表示されますので、確認してから先に進んでください。

⑧ 入力した情報の最終確認

これまでに入力した情報が記載されたページが表示されますので、一番下にある2つのチェックボックスのうち、太字になっているものにチェックを入れます。

太字部分は、「情報が正しいことを認め、すべての条件に同意します。」という意味です。

その下のチェックボックスは、申請を保存または印刷したい人だけチェックしてください。

一番下の「Submit Application」というボタンを押して先に進みます。



⑨ 口座開設可否の判断
結論ですが、口座開設をしないよう警告されました。

トレードの知識などに関してATC Brokersの口座開設基準を満たしていないようです。

最低入金額が5000ドルと高額なので、私自身はロビンスカップに参加する予定はなく、登録方法を知りたいというツイッターのフォロワーさんがいたので手順を紹介するために適当に口座申請の情報を書いて申請していました。

なので、トレード経験や年収などをすごく適当に入力したのですが、それがまずかったようです。

下のように、「十分な知識と経験がないので、口座開設をおすすめしません」というメッセージが表示されます。



ちなみに、これは単なる警告なので、「それでも口座開設がしたい!」と希望すれば、別の手続きをすることで口座は開設できるそうです。

ただ、「24時間冷静になる時間をとれ」という意味で、口座開設を行う手続きは24時間後にATC Brokersから連絡があるそうです。それでも口座開設をしたいという人は、下に表示される選択肢のうち、右側の「I accept」を押します。(2回表示されるので2回押します)

⑩ 税金情報の入力
⑨で、私が一般的でないルートに入ってしまったのでもしかしたら通常ルートでは手続きが違うのかもしれませんが、次は税金情報を入力します。

Section1の、自分(口座所有者)の氏名などの情報は自動入力されます。「Place and country of birth(出生した場所・国)」という1か所のみ入力が必要です。具体例がないですが、都道府県と日本で大丈夫だと思います。


Section2の選択項目は、米国居住者でも米国生まれでもない場合は一番下を選びます。

Section3は、居住国の税金番号を書きます。

Section3のチェックボックスは、「税金番号を開示しないことを選択します」というチェックボックスなので、チェックなしで無視してください。

入力項目は、左から順に、「居住国」「税金番号の種類」「税金番号」です。
「税金番号の種類」については、日本政府はマイナンバーを英語で「Individual Number」と書くことにしているらしいので、書くとしたら「Individual Number」になります。ATC brokersに通じるかは分かりませんが、、、。

「居住国」「税金番号の種類」「税金番号」を書く入力欄の下は、税番号を持っていない人がその理由を書く欄なので未入力で大丈夫です。

入力したら、一番下の「Submit application and FACTA Self certification」というボタンを押します。

一度、「税金番号を開示しないことを選択します」を押してしまったので、チェックを外して税金番号を入力することにしても、「税金番号を開示しないことを選択します」を押したという扱いから戻らず、警告が表示されました。

入力システムの誤作動のような気がします。

税金番号入力画面に戻って税金番号を入力するか(画面に表示される左側のボタン)、問題のある口座という扱いになるが税金番号の登録なしで続行するか(右側のボタン)を選べと言われますが、戻って税金番号を入力しても表示が変わりません。同じ現象が起きた方は、税金番号なしで提出しておいて、後でサポート部門に連絡して確認するしかないと思います。

こちらでロビンスカップで使うブローカーでの口座開設申請は完了です。後は、登録情報に不備があればサポートから連絡があると思います。

⑪ その後、最初に見たロビンスカップのサイトに戻り、今回手続きした赤枠の「MetaTrader Platform」のすぐ下にある、「Entry Agreement」という部分ところを押します。


⑫ ロビンスカップへのエントリーのための契約書が表示されますので、必要事項を記入して、その下に書かれたメールアドレス(info@worldcupchampionships.com)に送信します。

個人で申し込む場合、赤枠で囲った部分だけ書けば大丈夫です。
Initial Depositというのは、最初に預け入れる証拠金のことです。



この手順で申請は完了です。

もうコンテストは始まっているので、登録申請の方法のみ簡単に書きました。この手順で申請が通らなかった場合(口座開設がお断りされた場合など)は、ブログで情報を更新していこうと思います。

なお、登録に関しては自己責任でお願いします。こちらの記事を書くことでロビンスカップやATC brokersから報酬を得ているわけではなく、善意で書いた記事となりますので、「〇〇が分からない」「この手順で登録できなかった」などのお問い合わせはご遠慮ください。

以前に私のブログ内のアフィリエイト経由で口座開設、商品購入してくださった方に関しては、質問があればお答えしますのでメッセージください。

ATC brokersの安全性についてですが、2016年に一度破産申請をしたがそれを取り下げたという記事を見かけたので、あまりいいブローカーではないのではと思います。

ロビンスカップに参加するには、このブローカーで口座を開設しなければいけないので、我慢するしかないと思いますが、入金は最低額に抑えてもいいかもしれません。

開催期間が1年と長いので、自分が使っているメイン口座のトレードを、ロットを変えてコピーするソフトを使うというのもありだと思います。

Forex Copier2というソフトで、あるMT4から、同一のパソコンやVPS上にある別のMT4にポジションをコピーできるものです。ロット数を変更することも可能です。
Forex Copier


ロビンスカップのルールについては、こちらのページに書いてあります。Google翻訳でもなんとなく分かると思いますが、後日また記事を書くかもしれません(登録が大変だったので今日はもう疲れました笑)。

ロビンスカップはリアルトレードなので、デモトレードがいい方は、Weltradeというブローカーが1位賞金3000ドルでコンテストを開催していますので、こちらもおすすめです。

賞金30万円のデモトレードコンテスト」の記事に詳細を書きました。


↓楽天で買い物するときはこのバナーから買ってください!m(。´≧Д≦`。)m
(直球のアフィリエイト報酬おねだり)



















コメントを投稿

0 コメント