チャートを連続印刷するためのツール

最近EAを開発中なのですが、私はやっぱり裁量手法のEA化がいいと思っています。

1年とか、それくらいの期間のチャートをじっくり検証して、思いついた手法をEAにしてみて、長期バックテストをするという方法で作って成績が良ければ、再現性のあるEAになるのではないかなと思います。まだ作り始めたばかりですが、、、。

『EAつくーる』MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる! | GogoJungle
MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる!MQL言語の学習ができ、裁量トレーダーもEA開発が可能になる! | GogoJungle

けんかを売っているようですが、EAつく~るより高性能な海外の無料ツールがあるのでそれで作ってみた後、やっぱり自分でコードを書いた方がよさそうと思って普通に打ち込んでいます。使っているツールにもよりますが、ごちゃごちゃするので、、、。





基本的なプログラミングはできるようになったので、今は裁量手法を研究中です。アナログ人間なのでチャートを紙に印刷していろいろ書き込んでみたいんですが、それができるツールが見当たりません。

今見ているチャート画面のみをスクショするのは手動でできるのですが、一定期間のチャートを連続でスクショしたいわけです。



ということで探してみました。どうやら需要はないようで、丸一日かかってやっと見つけました。MQL5で探してみると、「チャートを連続印刷したい」という投稿があったりはしましたが、ちょっと馬鹿にされていたりします。「膨大なチャートを印刷して何がしたいの?」みたいな、、、。

しかしアナログ人間には需要のあるツールではないかと思います。


入手・利用方法

こちらのページの一番下にある、「HistoryToImages.mq4」というファイルをダウンロードしてください。

②コンパイルして、「Scripts」フォルダにいれます。※大事。「Experts」フォルダではありません。

③スクショ取得を開始したい期間の始めをチャートに表示させてください。終わりの地点を指定することはできず、チャートの端までスクショされます。つまり、4月1日から現時点までのチャートをスクショしたい場合、4月1日を表示させてください。

④EAを貼り付けるのと同じ感じで、スクリプトのところから引っ張ってきてチャートに貼り付けるとパラメーター設定画面が表示されるので、何も変更せず「OK」を押します。

⑤「MQL4」→「Files」フォルダに連続のスクショが出力されます。

インジも一緒に印刷できるのでこのような感じになります。


実際にこれを印刷するとインク代がすごいことになると思いますので、背景を白にするのがおすすめです。

俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設俺のEA FOREX EXCHANGE 新規口座開設 | GogoJungle



コメントを投稿

0 コメント